FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合唱祭

昨日は飲み会で、更新をサボりました(笑)
でも、1日おきぐらいに更新できれば、自分としてはOKかと。

さて、今日は娘の学校の合唱祭でした。
ついでに学校の〇〇周年記念式典もありました。
生徒会の皆さんに、記念品を贈呈する役割を賜り、目録の
読上げと共に一言だけ添えるよう、開式の前に校長先生か
ら仰せつかりましたので、ホントに一言だけ話しました。

『〇〇周年おめでとうございます。○○周年、とても素晴ら
しいと思いますが、でも、皆さんの1日1日は、もっと尊いと
思います。どうぞ学校生活を楽しんでください』と。

目録を生徒会長さんに渡すときに、どこからとこもなく、た
くさんの拍手が起きました。卒業式、入学式、周年行事、
これらの式では、原則拍手はしないことになっています。

実は、学校は〇〇周年と重責を感じ、来賓(教育委員会も
含めて)への対応もあって、昨年までと違い、合唱祭の内
容が形式的なものになり、子ども主体でないと保護者から
批判があったのです。○○周年行事でなかったら、もっと
子ども主体の合唱祭になったはずだ、そんな周年行事な
らいらない!と。

う~ん、僕は学校の考えも、親御さんの考えも分かるので
何が正しいかは言えないけど、子どもたちには間違いなく
○○周年なんて関係ないと思いました。大人の事情です。

だから、周年行事は批判はせずに、子どもたちのための
メッセージを送りたいと思い、先の発言をしました。軽い
気持ちだったのですが。

今、我が子が通っている小学校の校長先生も来てくれてい
たのですが、閉会後、ご挨拶をさせていただいたとき、『心
に響くメッセージでした』とのお言葉を頂きました。

公の場でお話させていただく時は、いつもその機会に感謝
して、誰かを幸せにするメッセージを伝えたいと思います。
そしてもしも、そのメッセージに共感してくれる方がいれば、
本当に嬉しいです。

最近、たくさんの人の前でお話をさせてもらうことが増えて
います。「どうせ、だれも聞いていないから、適当に当たり
さわりのないことを言えばいい」という人がいます。でも、
僕は、多くの人の前で話す機会をもらえたら、みんなが聞
きたいと思う話をしたいし、たった1人でも心に残るメッセージ
を本気で伝えたいと思います。

今日の僕の一言が、誰かの役に立てば嬉しいです!


コメント

No title

 おはようございます。
「小学校教師のひとりごと」の「かがやき」です。
「今日の僕の一言が、誰かの役に立てば嬉しいです!」という言葉、私もそう思います。素敵な記事を読ませて頂きました。ありがとうございます。

かがやきさんへ

かがやきさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
かがやきさんのブログ、ちょこちょこ
お邪魔させていただいております。

言葉にはとてもすごい力があると思います。
だから、正しく使う必要がありますよね。

今回のかがやきさんのコメントは僕にすごく
力をくれました。ありがとうございます。
そしてかがやきさんはきっと子どもたちから
も愛される先生なのでしょう。

これからもよろしくお願いします!

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。