FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもは苦しさを訴えない

いつもたくさんの方に「拍手」で応援をいただき、とても励みになっています。
「拍手」をしてくださる皆さんは、きっと素晴らしい方なのだと思います。だって
人を応援する気持ちを持っているのだから。

で、突然ですが「日本シリーズ」。ベイスターズが3連敗から持ち直し、今日も
今のところ6回、3-1とリードしています。選手や監督がコメントしていますが
ホームでの応援ってすごい力になりますよね。

だけど、応援されない人もいる・・・今日の朝日新聞の投書欄に「子どもは苦し
さを訴えない」という投書がありました。70歳の方が、自分のいじめの経験を
もとに、いじめられる子どもの心理を投書したものです。

『人は巨大な荷物に押しつぶされそうな時、逃れたい、せめて意識したくない
という心理になる。いじめにあっている子どもも同じだ。子どもと接する教師や
大人たちに、知って欲しいことがある。子どもたちが本当に苦しい時は、苦しさ
を訴えない。小さな心で勇気を奮い起こし、自分だけで耐えようとするのが子
どもなのだ』

この投書を読んで、胸が苦しくなりました。応援をされるどころか、ひとりで耐
えている子どもたちは、確かにきっとたくさんいます。

子どもたちのそんな気持ちに気づいて、寄り添える人になりたいなあ・・・

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。