FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えがお

今日はもうひとつ記事を書きます。

今日、用事があって1日外に出ていて、夕食のときに家に帰ったら、
末っ子(女の子)の前髪が短くなってました。「髪、切ったの、可愛い
ね」と声をかけるとすごく嬉しそうに微笑んでいました。
「微笑んでいる」という表現が一番似合う、はにかんだ、とても可愛
らしい「えがお」でした。

先日、妻のおばあちゃんが97歳のお誕生日を迎えるということで、
我が家もおばあちゃん宅にお祝いにいきました。数年前までは、
タバコを吸って、威厳のあるおばあちゃんでしたが、昨年、自宅の
縁側から落ちて骨折してから認知症状が出始め、今ではすっかり
認知症のおばあちゃんになりました。

でも、ひ孫たちの顔や孫のお婿さん(僕です)の顔をみると、にっこ
り「えがお」。そう、認知症になっても、相手が誰かは分からなくても
「馴染みの顔」には共感できるのです。孫の婿のお土産、「かりん
とまんじゅう」(前々回の記事を参照してください(^O^))が、丁寧な
包装に包まれ、豪華に見えたようで、またしてもご満悦の「えがお」。

さらに先日(1ヶ月ぐらい前)、知り合いの108歳のおばあさんが、
ご逝去されました。そのお顔、とてもきれいで、108歳には見えない
し、ご逝去の1週間前までは、自分できちんと食事も食べていて、自
分の生活は自分で決めるという凛とした態度で過ごされていました!
で、そのお顔、素晴らしい「えがお」でした。

生まれたばかりの赤ちゃんがはじめて見せる「えがお」、そして、人生
の最後を迎えようとする大先輩の「えがお」。どの笑顔も人を幸せに
してくれるなあ、と思える今日この頃です!

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。